京都大学 大学院工学研究科 電気工学専攻 生体医工学講座 生体機能工学分野 小林研究室

ENGLISH

研究発表

Invited lectures

  • Tetsuo Kobayashi:
    “Optically pumped atomic magnetometer and its application to neuroimaging”,
    International Symposium on Applied Brain Science (Beijing, China, 2016.12.9-10)
  • Tetsuo Kobayashi:
    “Atomic magnetometer: Advancements and Perspectives for Optical Biomagnetic Imaging Systems”,
    International Workshop on Magnetic Bio-Sensing (Fukuoka, 2016.10.12-14)
  • Tetsuo Kobayashi:
    “Development of compact OPMs towards innovative biomagnetic imaging systems”,
    Biomag2016 Satellite Meeting on Optically-Pumped Magnetometers for Biomedical Applications (Seoul, Korea, 2016.10.1)
  • Tetsuo Kobayashi:
    “Advancements of Atomic Magnetometers and Optical Biomagnetic Imaging Systems”,
    Workshop on ultra-low-field MRI (Daejeon, Korea, 2016.9.29)
  • Tetsuo Kobayashi:
    “Developments and perspectives of optical biomagnetic imaging systems”,
    CiNet Seminer, Osaka University, Special Lecture (Osaka, 2016.4.15)
  • Tetsuo Kobayashi:
    “Optically pumped atomic magnetometer: Advancements and perspectives for biomagnetic imaging”,
    CME2015 satellite symposium (Kyoto, 2015, 6.18-21)
  • Tetsuo Kobayashi:
    “Towards optical biomagnetic imaging systems”,
    The 3rd Workshop on Optically Pumped Magnetometry (Helshinki, Finland, 2015.10.9-10)
  • Tetsuo Kobayashi:
    “Development of atomic magnetometers towards new biomagnetic imaging systems”,
    Biomag2014 Satellite Workshop (Halifax, Canada, 2014.8.24)
  • Tetsuo Kobayashi:
    “Toward advanced bioimaging technologies with super-sensitive optically pumped atomic magnetometers”,
    Special Lecture in International Meeting of Complex Medical Engineering, (Tokyo, 2013, 9.13)
  • Tetsuo Kobayashi:
    “Cortical neural activities associated with intrinsic perceptual alternation in binocular rivalry: A high-density EEG source imaging study”,
    35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (Osaka, 2013.7.3-7)
  • Tetsuo Kobayashi:
    ”Binocular Rivalry: A key phenomenon to explore brain mechanisms of consciousness”,
    Santa Fe/Kyoto Symposumy on “Integrated Complex System Sciences” (Kyoto, 2012.10.19)
  • Shiho Okuhata, Tsuyoshi Kusanagi, Hirokazu Kawaguchi and Tetsuo Kobayashi:
    “Sequential memory scanning during Sternberg memory task regardless of the differerence presentation style”,
    2012IEEE/ICME International Conference on Complex Medical Engineering (Kobe, 2012)
  • Tetsuo Kobayashi:
    “Toward ultra-low foeld multimodal MRI with atomic magnetometer”,
    2012IEEE/ICME International Conference on Complex Medical Engineering (Kobe, 2012)
  • Tetsuo Kobayashi:
    “Binocular Rivalry: A key phenomenon to understand temporal dynamics of conscious perception”,
    2011 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications: NOLTA2011 (Kobe, 2011)
  • Tetsuo Kobayashi:
    “Optically pumped atomic magnetometer toward ultra-low field MRI systems”,
    International Workshop on Magnetic Resonance Microsystems, Black Forest Focus on Soft Matter 6(Freiburg, Germany, 2011, 7)
  • Tetsuo Kobayashi:
    “Development of an ultra-sensitive optically pumped atomic magnetometer toward non-invasive human brain imaging”,
    Fundamental Physics using Atoms 2010(2010.8)
  • Tetsuo Kobayashi:
    “High-sensitivity Optical Atomic Magnetometer for Biomagnetic Measurements”,
    The 24th Japanese Biomagnetism and Bioelectromagnetic Society
    (2009.5)
  • Tetsuo Kobayashi:
    “An integrative fMRI-MEG neuroimaging method analyzing dynamic activations of multiple cortical areas”,
    The 2009 International Symposium on Early Detection and Rehabilitation Technology of Dementia (2009, 12.11)
  • Tetsuo Kobayashi:
    “New techniques of neuroimaging”,
    The 14th Biennial Congress of International Pharmaco-EEG (2006.9)
  • Tetsuo Kobayashi,Yasuyuki Innami, Shumpei Ohashi, Yusuke Okada, Jiuk Jung and Shoji Hamada:
    “fMRI-MEG integrative neuroimaging in an apparent visual motion perception task”,
    2007 IEEE/ICME International Conference on Complex Medical Engineering (2007, 5)
  • Tetsuo Kobayashi:
    “Neocortical dynamics detected by steady-state multisensory evoked neuromagnetic fields”,
    2004 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (2004, 11)
  • 伊藤陽介、笈田武範、小林哲生:
    “光ポンピング原子磁気センサの開発と医用イメージング”
    ワークショップ「量子計測と、生物・生命科学」 (京都、2017.3.21)
  • 小林哲生:
    “光学的生体磁気イメージングシステムの開発と展望”
    第30回日本生体磁気学会大会 (旭川、2015.6.5-6)
  • 小林哲生:
    “光ポンピング原子磁気センサの基礎と脳磁図・MR信号計測”
    東北大学スピニクス研究会 (仙台、2015.3.19)
  • 小林哲生:
    “ブレイン・マシン・インタフェース(BMI) 〜脳と機械をつなぐ先端技術〜”
    (独)高齢・障害・求職者雇用支援機構東海職業能力開発大学校 第19回ポリテックビジョン ものづくり・人づくりイン東海 記念講演 (岐阜県大野町、2015.2.21)
  • 小林哲生:
    “超高感度な光学的磁気センサを用いた新たなニューロイメーメジングに向けて”
    日本視覚学会2015年冬季大会特別講演 (東京、2014.1.22)
  • 小林哲生:
    “光ポンピング原子磁気センサ:新たなMEGとMRIを目指して”
    第53回日本生体医工学会学会大会 (仙台、2014.6.24-26)
  • 小林哲生:
    “Atomic magnetometerの開発とそのMEG計測への応用”
    第29回日本生体磁気学会大会 (大阪、2014.5.29-30)
  • 小林哲生: “光学的磁気計測法:新たなMEGとMRIを目指して”
    宮古島神経科学カンファレンス教育講演 (宮古島、2013.11.22-23)
  • 小林哲生:
    “Toward advanced bioimaging technologies with super-sensitive optically pumped atomic magnetometers”
    国際複合医工学学会特別講演(東京、2013.9.13)
  • 小林哲生:
    “光ポンピング原子磁気センサ:その基礎と生体磁気・MR信号計測への応用”
    第28回日本生体磁気学会(新潟、2013.6.7)
  • 小林哲生:
    “光ポンピング原子磁気センサの開発と医用イメージング”
    日本光学会第39回冬期講習会(京都、2013.1.30)
  • 小林哲生:
    “Toward advanced bioimaging technologies with super-sensitive optically pumped atomic magnetometers(超高感度光ポンピング原子磁気センサによる高次生体イメージング)”
    文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「第4回環境保全と健常生活のための先端バイオテクノロジー公開シンポジウム」、(多賀城、2012.11.29)
  • 小林哲生:
    “超高感度原子磁気センサによる高次生体イメージングへの挑戦”
    NTT-IMC交流会(京都、2012.1.30)
  • 濱田昌司:
    “GPUを用いる高速多重極間接境界要素法による人体モデル内電界計算”
    京都大学学術情報メディアセンターセミナー(京都、2011.12)
  • 小林哲生:
    “両眼視野闘争:意識の脳内機構の謎を解く鍵”
    慶応大学先端生命科学研究所セミナー(鶴岡、2011.10)
  • 小林哲生:
    “脳神経医工学:脳機能を探る先端技術”
    ひろしま医工連携・先進医療イノベーション拠点第一回セミナー (広島、2011.9)
  • 小林哲生:
    “視覚的アウェアネス:ニューロイメージングでその脳内機構を探る”
    日本シミュレーション学会 第5回シミュレーション教育研究会(京都、2011.8)
  • 小林哲生:
    “MRIによる生体計測”
    低温工学協会第5回冷凍部会例会/第4回超伝導応用研究会シンポジウム (赤穂、2011.1)
  • 小林哲生:
    “原子磁気センサによるニューロイメージング: その原理と可能性”
    第27回日本脳電磁図トポグラフィ研究会 (2010.10)
  • 濱田昌司:
    “生体モデル内の数値電界計算”
    第39回エネルギー工学研究会 (2010.7)
  • 小林哲生:
    “ニューロイメージングで脳機能を探る:先端技術と限界そして未来”
    第22回作業療法関連科学研究会招待講演 (2010.6)
  • 小林哲生:
    “MR-DTI神経線維追跡法による白質病変解析と原子磁気センサ型MRIの開発”
    秋田県立脳血管研究センター講演会 (2010.1)
  • 小林哲生:
    “脳の謎に挑み医療や福祉に貢献する先端技術”
    東北工業大学第3回組込み事例・応用講演会特別講演 (2010.2)
  • 小林哲生:
    “脳神経医工学:脳の謎に挑み医療や福祉に貢献する先端技術”
    日本生体医工学会東海支部特別講演 (2009.10)
  • 小林哲生:
    “fMRIとMEGの統合による大脳皮質活動の動的イメージング”
    第33回高次脳機能障害学会ワークショップ「画像診断と臨床症状」 (2009.10)
  • 小林哲生:
    “MRI・MEGによる高次脳機能計測と光ポンピング原子磁気センサの開発”
    日本生体医工学会関西支部招待講演 (2009.12)
  • 濱田昌司:
    “電界計算の基礎と応用”
    九州パワーアカデミー特別講演会 (2009.12)
  • 小林哲生、尾崎 勇:
    “脳機能研究に貢献するデータ解析手法研究と医工連携”
    第25回日本脳電磁図トポグラフィ研究会シンポジウム (2008.6)
  • 小林哲生:
    “京都大学の医工連携の取り組み”
    第56回日本応用物理学会秋期大会シンポジウム「JST Innovation Bridge 医工融合を見据えた学から産へのシーズ発表」 (2008.9)
  • 小林哲生:
    “脳波・脳磁図解析法の進展と展望”
    第37回日本臨床神経生理学会学術大会教育講演 (2007.11)
  • 小林哲生:
    “脳磁図とMRIによる統合的高次脳機能解析”
    日本薬剤学会第21年会 (2006.3)
  • 小林哲生:
    “認知神経活動計測法の統合と高度化”
    第23回日本脳電磁図トポグラフィ研究会シンポジウム (2006.6)
  • 小林哲生:
    “MRIと脳磁図による脳機能イメージングの新たな取り組み”
    化学工学会東海支部「第66回研究談話会」「医療機器開発の未来」 (2006.10)
  • 小林哲生:
    “高次脳機能の非侵襲先端計測とイメージング”
    日本電気技術者協会四国支部講演会 (2005.5)
  • 小林哲生:
    “両眼視野闘争って何”
    第49回システム制御情報学会研究発表講演会教育講演 (2005.5)
  • 小林哲生:
    “統合的脳機能イメージング法の技術的課題と展望”、
    第22回日本脳電磁図トポグラフィ研究会 (2005.6)
  • 小林哲生:
    “視覚的認知の脳機能イメージングから意識へ”
    第20回生体・生理工学シンポジウム (2005.9)
  • 小林哲生:
    “非侵襲脳機能計測・信号解析技術の現状と展望”
    東京大学医学研究科研究フォーラム (2005.9)
  • 小林哲生:
    “脳機能イメージング技術の統合・高度化にむけて”
    第38回バイオメックフォーラム21研究会 (2005.9)
  • 小林哲生:
    “MEGとMRIによる統合的脳機能解析”
    秋田県立脳血管研究センター講演会 (2005.11)
  • 小林哲生:
    “非侵襲生体計測および生体信号解析技術の開発”
    第2回京都大学医工連携シンポジウム (2004.7)
  • 小林哲生:
    “両眼視野闘争”
    第9回認知神経科学会学術集会ミニレクチャー (2004.7)
  • 小林哲生:
    “多安定知覚と意識”
    日本機械学会2004年度年次大会先端技術フォーラム (2004.9)
  • 小林哲生:
    “脳機能計測の統合をめざして”
    第34回日本臨床神経生理学会学術大会教育講演 (2004.11)